展覧会京都・鹿ヶ谷
EXHIBITION
開催予定

中国青銅器の時代

2022.05.282022.07.03

住友コレクションと言えば、中国青銅器。 今から3000年以上前の商(殷)の時代から、中国では高度な鋳造技術が発達し、 繊細で複雑な造形の青銅器が数多く生み出されました。 その魅力を様々な角度から、4つの展示室のテーマに沿ってご紹介いたします。 世界有数の呼び声も高い住友コレクションの中国青銅器、 その精緻な美しさに是非触れてみてください。 第一室 青銅器名品選 いにしえの造形美 世界有数の住友コレクションの中国青銅器から貴重かつ造形に優れた名品を厳選してご紹介いたします。 第二室 青銅器の種類・用途 豪華な道具たち 商周時代には高度な鋳造技術によってさまざまな種類の青銅器が作られました。儀礼や祭祀に用いられた青銅器を、種類や用途に分けてご紹介していきます。 第三室テーマ展示 中国古代の説話と文様 中国古代では多くの青銅祭器、青銅鏡が製作されましたが、それらに盛んに施された文様はどのような思想や文化を背景としていたのでしょうか。その手がかりとして、中国古代には同時に数々の説話が遺されており、そこから当時の人々の思想の一端を窺うこともできます。ここでは青銅器・青銅鏡の文様とともに、その背景となった中国古代の説話もあわせてご紹介いたします。 第四室 青銅文化の展開 秦漢時代以降は鏡が盛んに作られるようになり、その一部は日本からも出土しています。鏡を中心に秦漢時代以降の青銅器文化の展開をご紹介します。

詳しく見る
開催予定

漆 ―東洋の美を彩る素材

2022.05.282022.07.03

中国・明時代の漆工品である龍図堆黄円盆および双龍図堆黄長方盆の修復完成を記念し、漆の美を探求する展覧会を開催します。 漆、それはアジアの人々が発見した不思議な素材です。塗料・接着剤として用いられた漆は、長い時間をかけて地域ごとに独自の技法が磨き抜かれていきます。本展では東アジアにスポットを当て、中国、朝鮮、そして日本で育まれた多彩な漆工品について、それを生み出した技法とともにご紹介します。今回一挙に公開する住友コレクションの漆工品は、茶室、能舞台、香席、酒宴、書斎・・・・・・かつて様々な場に顔をのぞかせた「実用」の品でした。会場では、漆が彩った近代数寄者のくらしについても探ります。ただ、漆の美も時の流れによる劣化には逆らえず、何百年にもわたって愛玩して伝えていくには定期的な修復を必要とします。展示では修復後初公開となる堆黄盆を例として、最新の修復技術もご紹介いたします。

詳しく見る
開催予定

特別展 生誕150年記念 板谷波山の陶芸

2022.09.032022.10.23

近代陶芸の巨匠 板谷波山は、明治5年(1872)茨城県に生まれ、昭和28年(1953)に工芸家として初の文化勲章を受章した人物です。生誕150年を迎える2022年、住友コレクションはじめ波山選りすぐりの名作の中から、一切の妥協を許さないという強い信念により誕生した端正で格調高い作品をご覧頂きます。また再発見された作品や窯跡から発掘された陶片資料、書簡を通じて、故郷のまちと人々をこよなく愛した板谷波山の人となりをご紹介します。同時代の陶芸家の作品と共にお楽しみください。

詳しく見る
開催予定

特別展 木島櫻谷 ― 旅・風景・山水(仮)

2022.11.032022.12.18

木島櫻谷(1877-1938)が生涯を通じて手がけた山水画を紹介します。数々の写生旅行での自然観察と西洋絵画的な空間表現をとりいれた近代的山水画から、文人の理想世界への憧れなどを基調に、新感覚の風景表現を紹介します。またスケッチや櫻谷収集の中国日本古画もあわせ、その根底にあり続けた心の風景をさぐります。

詳しく見る