当館について
ABOUT SEN-OKU HAKUKOKAN MUSEUM
当館の歩み
  • 1960年昭和35年
    7月
    住友家旧蔵の美術品を保存、公開するため財団法人を設立。
  • 1961年昭和36年
    10月
    住友有芳園内の銅器庫にて一般公開。以降、昭和44年まで秋季に2週間程度の一般公開を実施。
  • 1970年昭和45年
    2月
    京都本館1号館竣工。
  • 10月
    1号館で青銅器一般公開を実施。
    以降昭和54年まで秋季に2週間程度一般公開。
  • 1980年昭和55年
    5月
    登録博物館認可。
  • 1981年昭和56年
    この年より春秋の8ヶ月間青銅器を一般公開。
    またこの年より昭和62年5月まで、住友有芳園旧銅器庫にて中国書画を5月と10月の各2週間一般公開。
  • 1983年昭和58年
    12月
    ヒョウ氏編鐘12器音高測定実施(大阪音楽大学協力)。
  • 1984年昭和59年
    3月
    泉屋博古館紀要創刊(前年より研究活動を本格的に開始)。
  • 9月
    第1回講演会(講師/樋口隆康、以降毎年開催)。
  • 1986年昭和61年
    11月
    2号館竣工。
  • 1987年昭和62年
    10月
    10月24日から11月28日まで新館増築記念特別展。以降1号館にて青銅器展と2号館の新展示室で企画展を開催。
  • 1988年昭和63年
    9月
    「茶道具」展で新収茶道具初披露。
  • 1995年平成7年
    3月
    「日本書画新収名品」展開催。以降、1994年(平成6年)受贈品を順次公開。
  • 2000年平成12年
    9月
    「開館40周年記念住友コレクション名品選」展開催。
  • 2002年平成14年
    2005年平成17年
    SPring-8を利用した古代青銅鏡、ほか青銅製品の放射光蛍光分析実施(7次にわたり実施)。
  • 2004年平成16年
    3月
    特別展 「金銅仏 ―東アジア仏教美術の精華―」開催。
  • 11月~
    青銅器展にミュージアムボランティア導入。
  • 2006年平成18年
    4月~
    学芸棟新築、収蔵庫改築、その他改修工事(~2007年5月)。
  • 2007年平成19年
    3月
    青銅器展リニューアル「中国青銅器の時代」
  • 2010年平成22年
    3月
    「泉屋博古館創立50周年記念 住友コレクションの近代洋画」開催。
  • 9月
    「泉屋博古館創立50周年記念 住友コレクションの中国美術」開催。
  • 10月
    「泉屋博古館創立50周年記念 住友コレクションの日本美術」開催。
  • 2015年平成27年
    2016年平成28年
    住友春翠生誕150周年記念展を京都本館・東京分館にて開催。
  • 2016年平成28年
    4月
    青銅器館展示リニューアル
  • 2019年令和元年
    9~10月
    住友財団修復助成30年記念「文化財よ、永遠に」展を、住友財団・当館・東京分館および東京国立博物館・九州国立博物館との共同企画により同時期開催。
  • 2020年令和2年
    3月
    「開館60周年記念名品展Ⅰモネからはじまる住友洋画物語」開催。
  • 9月
    「開館60周年記念特別展 瑞獣伝来 -空想動物でめぐる東アジア三千年の旅」開催。
  • 10月
    「開館60周年記念名品展Ⅱ泉屋博古 #住友コレクションの原点」展を開催。
  • 2021年令和3年
    8月
    シンボルマーク/ロゴタイプ発表。