開催中
木島櫻谷 四季の金屏風 -京都画壇とともに-
開催期間
2021.09.112021.10.24
開催場所
泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)

柳に桜、燕子花、菊、梅…。ふりそそぐ光のなか、四季それぞれの花が咲き競う四双の金屏風。この壮麗な連作は大正時代、大阪茶臼山に新築された住友家本邸のために制作されました。作者は木島櫻谷(このしま・おうこく 1877-1938)、明治から昭和に京都画壇の重鎮と目された日本画家です。ここでは終生重んじた写生の技に加え、優れたデザイン感覚を発揮、展覧会出品作とはすこし趣が異なります。それは京都のアート/ビジネスの中心地の町家で育ち、座敷×美術の黄金比を熟知した彼のもうひとつの本領といえるでしょう。四季連作が揃うまたとない機会に、清浄な空気に包まれる特別な時をお過ごし下さい。あわせて、住友コレクションより櫻谷と京都の先人の絵画、そして新たな寄贈品もご紹介します。

ココがポイント!

新たに寄贈された櫻谷作品にもご期待ください!

主な展示品

インフォメーション

展覧会名
木島櫻谷 四季の金屏風 - 京都画壇とともに -
展示のみどころ
本展覧会のみどころはこちら
会期
2021年9月11日(土)~ 10月24日(日)
休館日
月曜日(9月20日は開館)、9月21日(火)
開館時間
午前10時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場
泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)
主催
公益財団法人泉屋博古館、京都新聞
後援
京都市、京都市教育委員会、京都市内博物館施設連絡協議会、公益社団法人京都市観光協会、NHK京都放送局
相互割引
〔京都東山 美術館さんぽ〕
本展の半券提示で下記展覧会の一般入館料800円が700円になります。
※ほかの割引と併用できません。

野村美術館
「深まりゆく秋 -初秋・晩秋の取り合せ-」
前期:9月11日(土)~ 10月24日(日)/後期:10月26日(火)~ 12月5日(日)
 
イベント
*すべて入館料のみでご参加いただけます。
*予約制、受付開始 8/25 10時~(先着順)ホームページ/電話075-771-6411

スペシャル・トーク「京の暮らしと屏風の美」
10月9日(土)
18時~19時30分
講師:杉本歌子氏(奈良屋記念杉本家保存会 学芸部長)
定員:20名(要予約)


オウコク・トーク!「京のまちが育てた櫻谷-その交流と美意識」
9月18日(土)
14時~15時
講師:実方葉子(当館 学芸部長)
定員:40名(予約優先)


オウコク・トーク!「京都日本画のオウコク」
9月28日(火)
14時~15時
講師:野地耕一郎(泉屋博古館東京 館長)
定員:40名(予約優先)


オウコク・トーク!「素材と技法から読み解く櫻谷の屏風」
10月13日(水)
14時~15時
講師:実方葉子(当館 学芸部長)
定員:40名(予約優先)


同時開催「中国青銅器の時代」「泉屋ビエンナーレ2021 Re-sonation ひびきあう聲」スライド列品解説
9月19日(日)
14時~15時
解説:山本 尭(当館 学芸員)
定員:40名(予約優先)
入館料
一般800円 高大生600円 中学生以下無料
  • 本展覧会の入場料で青銅器館もご覧いただけます
  • 20名以上は団体割引20%、障がい者手帳ご呈示の方は無料
お問い合わせ
お問い合わせフォームからお願いいたします