住友コレクション 泉屋博古館

京都鹿ヶ谷

泉屋博古館(京都)

常設展のご案内

Information

開館期間

平成3月2日(土)~ 5月6日(月・振休)
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

開館期間中の休館日

月曜日(4月29日、5月6日は開館)、4月25日・30日

アクセス・入館料 はこちらをご覧ください。

関連の催し

いずれも入館料が必要です

■ワークショップ
「超茶会 文人としての90分」
4月7日(日) 14時~ ※満席になりました
・佃一輝氏(一茶庵宗家)
・佃梓央氏(一茶庵宗家嫡承)
・橋爪節也氏(大阪大学総合学術博物館教授・近世、
 近代日本絵画史)
・竹浪遠氏(京都市立芸術大学准教授・中国絵画史)
・高井たかね氏(京都大学人文科学研究所助教・中国
 家具史)
・小南一郎(泉屋博古館名誉館長・中国古代伝承
 文化史)
・野地耕一郎(泉屋博古館分館長・近代日本絵画史)
会場:当館休憩室・椅子席
定員:24名
*要事前予約 電話075-771-6411
 3月2日から受付開始
*複数名でのお申込みは3名様までとさせていただき
 ます
参加費:1,000円(煎茶実演・煎茶とお菓子付き)

書斎茶の第一人者・佃一輝氏と専門家が、青銅器や中国絵画のデジタル画像をきっかけに、煎茶を楽しみながら気ままに芸術の話。山紫水明の地・京都東山にて、江戸時代の文人や明治の関西実業家たちが集ったように、煎茶を味わい、美を語り合う場にご参加ください。

講演会
「文人たちが見た夢-住友春翠を中心に-」
3月31日(日) 14時~
外山潔(泉屋博古館上席研究員)
会場:当館講堂
定員:先着100名様まで(当日10時より整理券を配布いたします)
参加費:無料

■「中国文房具と煎茶」展 列品解説
14時より展示室にて行います(参加無料)
4月14日(日)・4月29日(月・祝)
竹嶋康平(泉屋博古館学芸員)

■青銅器館「中国青銅器の時代」展 列品解説
14時より展示室にて行います(参加無料)
4月20日(土) 山本 尭(泉屋博古館学芸員)
*青銅器展は、ミュ-ジアムガイドによる解説もあります。

泉屋博古館(京都)