開催予定
伝世の茶道具 ー珠玉の住友コレクションー
開催期間
2021.11.062021.12.12
開催場所
泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)

茶道具には、人と人とを繋ぐ様々な物語が込められています。泉屋博古館に継承された茶道具は歴代の茶人による箱書や好みの裂による仕覆など、大切に受け継がれた思いを垣間見ることができます。住友コレクションの茶道具を収集した人物としては、裏千家八代又玄斎一燈好みの道具を集めた五代当主友昌(1705-1758)、小堀遠州遺愛の茶碗「小井戸茶碗 銘 六地蔵」を収集した十二代友親(1843-1890)、後陽成天皇命銘の茶入「唐物文琳茶入 銘 若草」や後水尾天皇ゆかりの「青磁福寿文香炉」などを収集した十五代友純(号 春翠:1864-1926)が挙げられます。本展では、住友家の宝物として慈しみ伝えられた茶の湯の名品をご紹介いたします。

ココがポイント!

仕覆や箱書、表装なども見逃せません!

主な展示品

インフォメーション

展覧会名
伝世の茶道具 ー珠玉の住友コレクションー
会期
2021年11月6日(土)~ 12月12日(日)
休館日
月曜日
開館時間
午前10時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場
泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)
主催
公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社、京都新聞
後援
京都市、京都市教育委員会、京都市内博物館施設連絡協議会、公益社団法人京都市観光協会
相互割引
〔京都東山 美術館さんぽ〕
本展の半券提示で下記展覧会の一般入館料800円が700円になります。
※ほかの割引と併用できません。

野村美術館
「深まりゆく秋 -初秋・晩秋の取り合せ-」
後期:10月26日(火)~ 12月5日(日)
 
イベント
*すべて入館料のみでご参加いただけます。
*予約制、受付開始 10/19 10時~(先着順)ホームページ/電話075-771-6411

講演会「住友コレクションの茶杓・竹花入」
11月7日(日)
14時~15時30分
講師:池田瓢阿氏(竹芸家)
定員:40名(要予約)


講演会「住友コレクションの茶の湯釜」
11月27日(土)
14時~15時30分
講師:新郷英弘氏(芦屋釜の里学芸員)
定員:40名(要予約)


学芸員によるスライドトーク
11月28日(日)
14時~15時
解説:森下愛子(泉屋博古館東京 学芸員)
定員:40名(予約優先)


学芸員によるスライドトーク
12月5日(日)
14時~15時
解説:竹嶋康平(泉屋博古館 学芸員)
定員:40名(予約優先)
入館料
一般800円 高大生600円 中学生以下無料
  • 本展覧会の入場料で青銅器館もご覧いただけます
  • 20名以上は団体割引20%、障がい者手帳ご呈示の方は無料
お問い合わせ
お問い合わせフォームからお願いいたします