開催中
企画展 歌と物語の絵 ― 雅やかなやまと絵の世界
開催期間
2024.06.012024.07.21
開催場所
泉屋博古館東京(東京・六本木)

古来、語り読み継がれてきた物語は、古くから絵巻物など絵画と深い関係にありました。和歌もまた、三十一文字の世界が絵画化されたり、絵に接した感興から歌が詠まれたりと、絵画との相互の刺激から表現が高められてきました。
物語絵や歌絵の特徴のひとつは、精細な描写と典雅な色彩。宮廷や社寺の一級の絵師が貴人の美意識に寄り添い追求した「やまと絵」の様式を継承することでしょう。そして、ストーリーに流れる時間を表すかのような巻物、特別な場面を抽出してドラマティックに描き出す屏風など、長大な画面にさまざまな表現が生まれました。古典文学は、後世の人々が自分自身に引き寄せて味わうことで、読み継がれ輝き続けてきました。それに基づく絵画もまた同様です。
本展では、近世の人々の気分を映し出す物語絵と歌絵を、館蔵の住友コレクションから選りすぐってご紹介します。雅やかで華麗、時にちょっとユーモラスな世界をお楽しみください。

*会期中展示替えがあります

主な展示品

インフォメーション

展覧会名
企画展 歌と物語の絵 ― 雅やかなやまと絵の世界
[同時開催]没後100年記念 黒田清輝と住友
会期
2024年6月1日(土)~ 7月21日(日)
前期:6月1日(土)-6月23日(日)
後期:6月25日(火)-7月21日(日)
休館日
月曜日、7月16日(火)
*7月15日(月・祝)は開館
開館時間
午前11時 ~ 午後6時(入館は午後5時30分まで)
*金曜日は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
会場
泉屋博古館東京(東京・六本木)
イベント
*予約制のイベントは、5月21日(火)正午より
ホームページにて受付開始予定(先着順)
*参加にはすべて観覧券が必要です
*都合により内容を変更する場合があります

特別講演会
「響き合うイメージ
―源氏物語の美術」

6月8日(土)14時00分~15時30分
講師:佐野みどり氏
(『國華』主幹、学習院大学名誉教授)
定員:50名(予約制*受付終了)

特別企画
「京ことばで楽しむ源氏物語図屏風」
7月1日(月)14時00分~15時30分
会場:展示室
女房語り:山下智子氏
定員:30名(予約制)
参加費:3,000円(入館料別)

学芸員トーク
6月14日(金)、7月2日(火)
15時00分~16時00分
講師:実方葉子(泉屋博古館学芸部長)
定員:50名(予約不要・当日11時より整理券配布)

特別講演会
「黒田清輝《昔語り》の舞台裏」
7月13日(土)14時00分~15時00分
講師:吉田暁子氏
(東京文化財研究所研究員)
定員:50名(予約制*受付終了)

アートWithレクチャー
「展覧会をつくる、造作のひみつ」
6月21日(金)17時30分~18時30分
講師:風坂智和氏(株式会社芸宣)
定員:50名(予約制)
聴講料:500円(入館料別)

主催
公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社
巡回情報
泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)*終了
2023年6月10日(土)~ 7月17日(月・祝)
入館料
一般1,000円 高大生600円 中学生以下無料
  • 20名以上は団体割引料金(一般800円、高大生500円)
  • 障がい者手帳等ご呈示の方は無料
  • 本展会期中2回目のご来館時は、初回来館時の半券呈示にて半額
お問い合わせ
お問い合わせフォームからお願いいたします