開催予定
ワークショップ
「絵画を支える下地建具の技術
―フォトフレームを作ろう!」
開催期間
2024.04.27(土)14:00 - 15:40 
開催場所
泉屋博古館東京(東京・六本木)
  • 募集終了
  • 有料
  • 要予約
  • ワークショップ
  • スペシャルプログラム

*お申込み数が定員に達しましたため、予約受付は終了いたしました*
同時開催企画「住友財団助成による文化財修復成果―文化財よ、永遠に」開催を記念し、ワークショップを開催します。
出品作である呉春・亀岡規禮《松・孔雀図衝立》の修復を手掛けられた臼井浩明氏(黒田工房代表)に、修復ならびに選定保存技術である「表装建具製作」についてお話を伺った後、表装建具(襖や屏風などに使う木製の骨組み)の製作技術体験として、フォトフレームを作ります。

インフォメーション

タイトル
ワークショップ
「絵画を支える下地建具の技術
―フォトフレームを作ろう!」
講師
臼井浩明氏(黒田工房代表)
開催日時
2024.4.27(土)14:00 - 15:40(開場13:45)
定員
20名
対象年齢
小学生以上
(小学生の方は保護者の方と2名でご参加ください)
会場
泉屋博古館東京(六本木一丁目)講堂
関連する展覧会
企画展 ライトアップ木島櫻谷
(同時開催企画「住友財団助成による文化財修復成果―文化財よ、永遠に」)
参加費
7,000円(税込・入館料別)
  • 参加費は当日の入館手続き時に受付にてお支払いください。
    入館料(一般1,000円、大高生600円、中学生以下無料)が別途かかります。
お問い合わせ
お問い合わせフォームからお願いいたします

開催中・開催予定の展覧会